古民家再生
アイギハウジングホーム>古民家再生
150年の歴史を今に

雨漏り、寒さ、地震への不安などから以前より計画中だったリフォーム。
退職後の楽しみとされていたのだが、住宅エコポイント制度、金利の安さ、何より家族と快適に暮らしたいという想いから予定より早く実行されることとなった。

再生前
旧台所、居間 旧居間、台所 旧南の間
再生前
旧中の間 旧北の間 旧北面

カタログや資料はもちろん、いくつもの見学会、現場を回りご自分の目で確かめ吟味された末、天然素材、無垢材の素材の良さと価格、技術から施工は弊社で承ることとなった。

ただのお化粧直しだけでは済まさない。それがアイギ流

古い家はまず、基礎がダメになっていることが多い。
こればかりは開けてみないとわからないのだが、基礎工事は今しかできない工事。しかも、150年前の当時に耐震基準なるものは存在しない。ただのお化粧直しで済まさないのがアイギ流。現代の基準に合わせるため徹底的に補強することになる。

基礎

間取りは大きく変えず以前のまま。風水も参考にした施主様だが、すでに理にかなった間取りになっていたので変える必要がなかったとのこと。
規格があいまいなのも古い家。全体を採寸し直し図面化した。施主様自ら電気図面も引き弊社でCAD化した。

基礎

断熱は天井、壁、床の全面断熱。冬の寒さを遮るだけでなく夏の冷房効果も高いため、省エネ効果も期待できる。特にこの地方は真冬、氷点下10度程にもなるため、断熱は必須である。

リビング リビング

杉を使った床は、肌触りがよく断熱性に優れている。
空気層を多く持つ杉ならではの特徴。
建具は塗り直し、再利用している。

リビング

薪ストーブの遠赤蓄熱効果は相当なもので、これひとつで家中の暖房は十分とのこと。エアコンやファンヒーターとは違い、優しい丸い暖かさ。

南の間 南の間

床材には堅く、衝撃に強いメイプルを使用。

北の間 北の間

昔はどの家も屋根裏で蚕を飼っていた。
世話人が寝泊りするための中2階があるので、天井が低い。当初は取れない梁と柱と思われていたが、各部の補強で外すことができた。

中の間 中の間

床の色でかなり迷われたと施主様。
何種類ものサンプルを手にイメージを膨らませる。杉は塗料の染み込みがいいので、塗り直しは許されない。
写真は塗り前。

キッチン キッチン

清潔感のあるキッチン。

勝手口 勝手口

こだわりの勝手口。田舎は玄関より勝手口の利用頻度が高い。玄関から来るのはセールスばかりとのこと。
床には以前使っていた瓦を埋めた。雰囲気を出すため照明はあえて白熱球。仕事先で拾った木の手すりはご両親のため。全体的になるべく段差をなくした。

ダイニング ダイニング
東面 北面
東面北面
家の中 リフォームで家族のつながりが強くなった

白と黒の世界が完成した。
昔の家は小さな部屋がいくつもあり小さな区だったが、現在は間仕切りが少なく、大きな区で使う。そのスタイルと嗜好の違いもありリフォームに反対だったご両親。当初は離れで暮らすと言ってみえたが、奥様の「生きてきた時代が違うから住まいに対する考え方もそれぞれ」という言葉で、家族みんなで話し合いが行われ、今は快適に暮らせる母屋に大満足とのこと。

またひとつ思い出ができた。

150年の間、家族を見守り続けた家である。ただ古いものを保存するのではなく、今のライフスタイルや快適性、安全性に進化させ住みたい家になるすることこそ「受け継ぐ」ということではないだろうか。
夢が叶うことや何かに成功することは人生の中では点でしかない。しかし、毎日誰にでもあるこの日常こそ人生であり、大切にしなければいけないものだとこのリフォームは教えてくれた。

レポーターさゆりお宅訪問インタビュー 資料請求・お問い合わせ 天然素材の家実績ギャラリー 開催予定のイベント情報 リフォーム情報

家をつくる レポーターさゆりお宅訪問インタビュー定期点検サービスのご案内 安心の保証・アフターサービス 住まいづくりの流れ 住宅ローンについて よくある質問 リフォームする アイギハウジングのリフォーム 古民家再生 リフォームメニュー リフォーム情報 不動産を探す 不動産探しま専科サイトへ ホームメイトで中古住宅・アパートを探す アイギハウジングについて 会社情報 スタッフ紹介 イベント情報 営業ブログ 現場ブログ
資料請求・お問い合わせ